img_01

シャフトはゴルフクラブの命

ゴルフクラブは用途にて様々な種類があります。

最も飛距離が出るドライバー、距離を打ち分けられるフェアウェイウッド、狙った場所に飛ばすアイアン等です。

これらの違いはヘッドの大きさなどですが、飛距離に大きく影響がでるもう一つの要素として、シャフトがあります。

このシャフトの素材や重量、長さなどによって、ゴルフクラブの性能が大きく変わります。



シャフトの素材は、カーボンとスチールの二つに分けられます。

飛距離を出すことが目的であるドライバーはカーボン、正確さが目的のアイアンはスチールが使用されます。



このように素材によって性能が変わることがわかります。
また、長期間使用していくと、素材の経年劣化や金属疲労が起こり、飛距離の低下や、打った際にゴルフクラブを破損する場合もあります。

そのような場合は交換が必要になりますが、交換は破損したときだけではありません。

シャフトが使用する人にとって最適なものであれば、飛距離のアップにつながります。


素材や重量、長さやデザインなどそれぞれ違うものが、数多く存在しています。

そのため、その中から最適なものを選びだすことで、飛距離のアップ、そしてスコアのアップにつながります。

数が非常に多いため、選ぶには時間がかかりますが、様々なものを試しながら、慎重に選んでいくことが重要です。

このように、シャフトによってゴルフクラブの性能や使い心地は大幅に変わるため、ゴルフクラブの命ともいえる存在です。