映像制作の難易度が下がっている

subpage1

映像制作の難易度というのは、とても下がっていますから、それはよいことです。
つまりは、個人としてそうしたことか出来るようになっている、ということです。

いうまでもありませんが、それは昔からある程度はできるのです。しかし、それでもとてもハードルが高かった、と言うことでもあり、専用の機械なんかが必要であったのです。


ですが、今ではパソコンで映像の編集が簡単にできますし、まし、処理がとにかく早いです。昔のパソコンでもそうしたことはできたのですが、それこそ、エンコードに何日もかかったのです。



何日、というのは比喩でもなんでもなく数十時間もかかることがあったのです。
これは映像のサイズにもよるのですが、そうしたことがあったので、個人でやるのはとても大変だったのです。



しかし、今では個人のパソコンでもかなり効率的に映像制作ができるようになっているので、それが新しくビジネスとなりつつあるのです。

産経デジタルの情報をお知らせいたします。

その市場というのは、インターネットであり、そこで動画を公開することによって、利益を生み出すのです。
それは別に買ってもらう、お金を取って映像を見てもらうわけではなく、あくまで企業からお金を貰うのです。


要するに広告収入を期待するわけです。


実はこれがかなり良い事業になりつつあります。
何しろ、相当のメリットがあることですから、多くの人が参入しています。
故事の映像制作の動画に広告がつき、それでお金になるような時代になっています。


映像の話

subpage2

インターネットが大変発達した現在、昔よりも鮮明できれいでセンセーショナルな映像がつくれるようになりました。映像制作は8ミリフィルムの時代から行われており、高校や大学のサークルなどでも、自前で機器を買い、それを使って長編のドラマを撮ったり、面白映像を撮影する人が多かったです。...

more

耳より情報!

subpage3

ビデオカメラなどが普及した現在では、個人でも映像制作をすることが可能となってきています。それに加えて、パソコンなどで編集をすることができるので撮影した映像をうまく繋ぎ合わせて作れます。...

more

初心者向き映像

subpage4

映像制作ビジネスを個人でやっている人がいます。どうして個人で出来るのか、といいますと実に簡単なことであり、インターネットを活用するのです。...

more

最新情報

subpage5

映像とは全く関係ない企業でも映像制作が必要なケースは意外とあります。例えば、会社紹介や研修の教材といったものです。...

more